自分の事を棚にあげる「棚上げ男」は重宝される!

 

自分の事を棚にあげる

 

棚上げ男と棚上げられ女

世間一般には自分のことを棚に上げてアレコレといちゃもんをつける棚上げ男、棚上げ女は倦厭される。口だけの男は嫌われる傾向にあることがよく言われている。確かに悪口ばかり言っている人が嫌われるのはわかる。

ただ、最近よく思う。
自分の事を棚に上げて周りの人に対してアレコレ言う。

 

 

これ大事!

 

 

 

特にビジネスや組織全体がレベルアップしていこうと思ったらこの棚上げ力は大事。正直、人は自分の事を棚に上げないと多くの人は誰にも何も言えなくなる。

 

あの人の方が凄いから・・・

その人の方が仕事出来るから・・・

私はまだ出来るようになっていないから・・・

嫌いな人

 

そんなこと言ってたらいつまで経っても何も自分からアクションは起こせない。どう思われるかなんて関係ない。結果見えている、結果を見ているならどちらのほうが効果的かよくわかると思う。

やってみたら見えてくるものがある。
やってみたら思うだろう。

 

単純により良い方向に進む。

そして、自分もやらなくては、と。

自分もやらなくてはと強く思う。

 

 

これが大事。

 

自分の為にも周りのためにも、棚に上げて指示をしてみるべき。

棚上げ男にも2種類ある。

 

 

・ただ空気の読めない天然棚上げ男
・すべてを把握しての計画棚上げ男

 

指をさす男は最低

どちらにせよ組織には必要な存在である。

自分の事を棚にあげることのできる

「棚上げ男」は今後ますます重宝されるだろう。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。