やりたいことが見つからないアナタに贈るやりたいことを見つける方法

   2015/02/01

あなたには情熱をもって取り組んでいるやりたいことは有りますか?

 

やりたいこと

 

やりたいことがみつからない

いつからだろう・・・

情熱をもって何かに取り組んでいないと感じたのは。

 

なんでだろう・・・

これってものがなくなってしまったのは。

 

どうしてだろう・・・

なんだか行動がでないと感じたのは。

 

やりたいことがわからない・・・

やりたいことってなんだろう・・・

 

 

やりたいことを見つけるために

悩む

やりたいことって見つけるものでも無い気がするが、やりたいことを探そうと思った時に、まず考えたのが「過去を思い出す」ということ。

過去を思い出すことによって、今まで自分はこういうことが好きで、こういったものを好む傾向にある。なので、それに似たことやそれっぽいことをやってみればやりたいことが見つかるかもしれない

 

と思ってた。

 

 

しかし、友人の言葉によってそんな考えは180度ひっくり返った。

それは、

 

「やりたいことを見つけるには、今までやったことないことを行う必要がある」

 

という友人の発言だった。

 

 

確かに、自分の想像の範囲内のことは想定の範囲内に収まる程度のインパクトしかない。今まで出会ったことのない”ナニカ”でないと、新しくやりたいことはみつからない。ということを聞いて、あ~と思った。

 

いままで興味を持ったことは自分が考えて決めたというよりも、
たまたま出会ったという要素が強い。いや、思い返してみるとほとんどそうかもしれない。つまり、やりたいことを見つけるには、たまたまを作り出す必要があるということだ。

 

どうやって?

考える人

じゃあ、どうやって”たまたま”や”想定外”の事と出会えるのだろうか。
未知との遭遇はどうすれば実現するのだろうか・・・
正直、まだよくわからない。

 

ただ一つ言えるのは、いろいろ選択肢はあるとは思うが、
間違いなく”普段の選択を変える”必要がある。いままで選択してこなかった選択をする必要があるということだ。

 

行動を起こす必要がある。

行動にうつす重要性

絶対的に未知と遭遇するためには行動することは非常に大事であると思う。
行動すればどこかでぶち当たる可能性が高まるということだ。
まずは、たまたまの母数を増やす必要がある。
母数を増やせば、自ずと新たな発見があり、いづれは自分のやりたいこと接触する可能性がある。

 

いつ行動するか・・・?
いまでしょう!

 

お決まりの言葉ですね。
そう、行動すべきは今ですよ。

 

 

明日やろうはバカ野郎!

またやろうはバカ野郎!!

 

やるのは後でではなく、明日でもなく、今。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。